イグアナの娘 毒親をテーマに解説してみます

SHG35060.jpg


「イグアナの娘」を試し読みするならこちら

>>>まんが王国<<<



母娘の確執を描いた名作「イグアナの娘」を読みました♪




娘の姿がイグアナに見えるなんて、少しホラーチックでファンタジーな漫画だなと思いましたが、イグアナの娘はファンタジーと言うよりもヒューマンストーリーに近いものがあります。





イグアナの娘に隠されている、真のストーリーのテーマは「毒親」ではないでしょうか。




虐待の問題は常に子育てをする方の身近なものにあると思います。




イグアナの娘では、母親がイグアナに見える娘を殴ったり、食事を与えないなどの明らかな虐待は行われていません。




しかし、 妹には百パーセントの愛情を注ぐ母親や、可愛い服は似合わないからと自分だけ地味な服ばかり与えられたり、行動の一つひとつを批判するような言葉や軽蔑の視線を向けられたら子どもは自分に自信を持って生きることが出来るでしょうか。




イグアナの娘は母親に自身を批判され続けながら生きていきます。




また、母親もイグアナに見える娘を愛せない自分に苦しんでいるのです。





虐待をする母親の大半が自身の行動に後悔されるそうです。




まさにこのイグアナの娘の母親もそうでしたが、変えることが出来ずに子どもは成長していきます。




愛されて育った妹は生き生きと生活を送り、姉は自信なんて微塵もありません。




イグアナの娘は目に見えない、気づきにくい「毒親」をテーマにしているように感じ、とても胸が苦しくなる漫画です。




こちらで無料で試し読みもできます。

>>>まんが王国<<<

「イグアナの娘」で検索してみてください。










この記事へのコメント